×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ファイアウォールソフトでセキュリティしましょう。

ウイルス対策ソフト・セキュリティ対策ソフト

ファイアウォールは、機密性の高いネットワークを、インターネットのようなオープンなネットワークから分離するためにあります。オープンなネットワークは、さまざまな人が趣味や仕事で利用していますが、当然そこには悪意を持った人も数多く存在します。インターネットに接続するということは、だれでも悪意を持った攻撃にさらされる可能性があります。そのような攻撃から、機密性の高いネットワークを守る“防火壁”の役割を果たすシステムのことを、「ファイアウォール」と呼びます。

 

ファイアウォールソフトでのセキュリティ対策

▼ファイアウォール(FireWall)とは
  ファイアウォールは、機密性の高いネットワークを、インターネットのようなオープンなネットワークから分離するためにあります。オープンなネットワークは、さまざまな人が趣味や仕事で利用していますが、当然そこには悪意を持った人も数多く存在します。インターネットに接続するということは、だれでも悪意を持った攻撃にさらされる可能性があります。そのような攻撃から、機密性の高いネットワークを守る“防火壁”の役割を果たすシステムのことを、「ファイアウォール」と呼びます。

■フリーソフトウェアと商用のファイアウォールの比較

●ポリシーの設計
  ポリシーの設計は、GUIなどが用意されている商用ファイアウォールと比べて、フリーソフトウェアの場合は主にエディタなどでファイルを編集する必要があります。そのため、ある程度経験がある人でないとポリシーの設計は難しいでしょう。しかし、フリーソフトウェアはシンプルで導入が簡単なため、ファイアウォールの勉強には向いています。

●ログなどの管理
  GUIでの閲覧機能などが用意されている商用ファイアウォールと比べ、フリーソフトウェアはテキスト形式でログを保存する機能ぐらいしか持っていません。しかし、ログを検索したり編集することは容易にできるため、ファイアウォールの勉強には向いています。

 このように、フリーソフトウェアは商用ファイアウォールと比べると機能は劣りますが、その分簡単に使用することができるため、ファイアウォールの勉強や簡単なファイアウォールの構築に向いています。よく使われているソフトウェアには、以下のようなものがあります。中でも、IP Filterは幅広いOSに対応しているためお勧めです。

※有料だけどおすすめソフト
Internet Security Barrier X 日本語版 プロフェッショナルエディション インテゴジャパン

▼インターネット接続環境で、ハッカー、不正侵入、ウイルス、子供にとって不適切なウェブコンテンツなどの脅威や問題からマッキントッシュを保護すると共に、ボリュームやフォルダのバックアップを行ってデータ損失の危険を回避する統合型セキュリティ・ソフトのパッケージ。ファイアウォール、抗不正侵入、および個人情報保護機能を提供する個人用ファイアウォール「NetBarrier X3」、Macintoshをターゲットにしたウイルスを検出および駆除するアンチ・ウイルスソフト「VirusBarrier X」、子供を対象としたインターネット・コンテンツおよび接続制限/管理ソフト「ContentBarrier X」、アシスタント機能で簡単に操作できるデータバックアップソフト「Personal Backup X3」の各日本語版を1つにしたパック。


【スポンサードリンク】
▼ファイアウォールソフトでのセキュリティ対策の解説(ウイルス対策・セキュリティ対策)

・シマンテックセキュリティチェック
          → ファイアウォールソフトはこちらからどうぞ

対象:セキュリティチェック・ウイルスチェック
利用中のPCがどの程度安全か、ネットワークへの接続状況などから診断するサービスツールです。ウイルスに感染しているかも、もちろんチェックでききます。

・パーソナルセキュリティ研究所
          → ファイアウォールソフトはこちらからどうぞ

対象:セキュリティチェック
Windowsへのアクセス確認・Java Appletのセキュリティ設定確認・ActiveX実行拒否確認・PortScan確認の診断がオンラインできます。

・SapporoWorks Security
          → ファイアウォールソフトはこちらからどうぞ

対象:InternetExplorer脆弱性チェック

・BloadbandReports portscan
          → ファイアウォールソフトはこちらからどうぞ

対象:セキュリティチェック

・BlackICE Defender
          → ファイアウォールソフトはこちらからどうぞ

対象:不正侵入を検知+ファイアーウォールソフト
ワーム型のネットワークコンピュータウイルスの防御に定評がある、Windows 用セキュリティーソフトウェアです。ファイアウォール+不正侵入検知機能(IDS)という、アンチウイルスソフトとは異なる概念から、とくにネットワークを介したワーム型コンピュータウイルスの予防に効力を発揮します。

・Freedom Internet Privacy Suite
          → ファイアウォールソフトはこちらからどうぞ

対象:フリーのパーソナルファイアーウォール【海外の製品】
パーソナル ファイアウォール機能、クッキーやバナー広告の防止、Web サイト ログイン情報のローカル保存および暗号化、ユーザーの意思に反して個人情報が流失していないかをチェックするデータスキャン機能などを併せ持つセキュリティ ソフトウェア パッケージでです。

・Kerio Personal Firewall Tiny
          → ファイアウォールソフトはこちらからどうぞ

対象:PFWの後継ファイアーウォール、
  海外他社製品と同様で個人登録に限り無料でライセンスされる。ただし他社製品と違い上位のPRO版という区別はなくこれ一本のみの提供となっている。そのためオフィスなどで導入するような場合にかかるライセンス料は39ドルとやや高めになっている。お得なライセンスパックも用意されている。

・NEGiES
          → ファイアウォールソフトはこちらからどうぞ

対象:IPやポートを指定しての帯域制限するソフト。ファイヤーウォールとしても利用可能
IPアドレス、ポート番号、アプリケーション(プロセス)、UP,DOWNごとに帯域を制限したり
パケットを遮断できるファイアウォールソフト(フリー)です。
フィルタルールを追加していく設定方法なのできめ細かな設定が可能です。
▽フィルタリング以外の機能
・TCPコネクションモニタ
TCPの接続状況がわかり、任意のコネクションを切断することも可能。
コネクションごとに使用している帯域も表示。
・パケットモニタ
登録したフィルタごとに通ったパケットを見ることができる。
・外部コマンド
ping,tracert等の外部コマンドを単体で実行したり、TCPコネクションモニタ、
パケットモニタの右クリックから実行できる。

・Agnitum Outpost Firewall
          → ファイアウォールソフトはこちらからどうぞ

対象:ロシア製のパーソナルファイアーウォール。

・Sygate Personal Firewall
          → ファイアウォールソフトはこちらからどうぞ

対象:簡単・高性能パーソナルファイアーウォール。
個人向けソフトウェア・ファイアウォール(パーソナル・ファイアウォール)です。有料ビジネスユースのPRO版に機能制限を加え個人向けにフリー版を提供している点は他社と同様のスタイルである。ただし制限版を完全にFreeとしている点はSygateやZAと異なる。
プラグインをサポートしているのも特徴です。ルール作成のガイドがありますので個別のアプリケーションに設定をすることができるので、上級利用者にはとっても便利なソフトです。

・ZoneAlarm
          → ファイアウォールソフトはこちらからどうぞ

対象:パーソナルファイアーウォール
ZoneAlarmは、パーソナルファイアウォール機能に特化したセキュリティ対策ソフト。通常企業のゲートウェイ部分に設置されているファイアウォールと異なり、クライアントPC側でファイアウォールの役割を果たす。
最近、パスワードやクレジットカード番号などの個人情報漏洩を保護する機能や、広告やcookieブロック機能などが追加された。

・ZoneAlarm Pro
          → ファイアウォールソフトはこちらからどうぞ

対象:高機能版。パーソナルファイアーウォール
ハッカーは、Pingやポートスキャンなどあらゆる手段を用いてインターネットに接続しているPCにランダムに侵入し、保護されていないPCを、トロイの木馬やスパイウェア、悪質なコンピュータ ウイルスなどで攻撃します。 ZoneAlarm Pro4は、先進の「ステルスモードのファイアウォール」、「プログラムコントロール」、「メール保護」、「プライバシー保護」を組み合わせることにより、ハッキングやデータ盗難といった既知、未知両方の脅威からPCの個人データやプライバシーを確実に守ってくれます。




ページTOPへ