×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

無料でできるポップアップ広告遮断サイトを紹介します。

ウイルス対策ソフト・セキュリティ対策ソフト

Explorer(IE)内で動作する。これを組み込むことでポップアップ広告の表示を止めることができる。アドインソフトやツールバーのものなどいろいろありますが、こ子で紹介するのは、無料でできるポップアップ広告遮断サイトを紹介します。、自分のスタイルにあったものを選択されるといいと思います。

 

ポップアップ広告遮断サイトのご紹介

▼ポップアップ広告遮断サイト
  Explorer(IE)内で動作する。これを組み込むことでポップアップ広告の表示を止めることができる。アドインソフトやツールバーのものなどいろいろありますが、こ子で紹介するのは、無料でできるポップアップ広告遮断サイトを紹介します。、自分のスタイルにあったものを選択されるといいと思います。

【スポンサードリンク】


▼ポップアップ広告遮断サイトの解説(ウイルス対策・セキュリティ対策)

■Safe Gate
             → こちらから広告遮断サイトへどうぞ

URLを入力して使用します。インストールがめんどくさい方はこちらから。
スタイルシートが無効になるみたいなので、表示が乱れることもあります。
アダルト・アングラサイトでありがちなポップアップウィンドウを開かないで閲覧できます。
Q2・国際電話系ソフトはダウンロードするか警告表示します。不審なActiveX/Javaは無効にします。
安全にネットを楽しみたい方は下にURLを入力してご利用下さい。

ウイルスセキュリティ 2005  ソースネクスト おすすめ
▼「ウイルス対策」「不正侵入対策」「情報漏洩対策」が可能なセキュリティ対策ソフト。インストール後、そのままの設定で自動的にウイルスを検知し、駆除、隔離までしてくれる「自動ウイルス駆除機能」、パソコンをインターネットに繋ぐだけで、自動的にウイルス定義ファイル(DATファイル)を更新する機能を搭載。また、インストール時に難しい操作をせずに、クリック不要でインストールすることができる「自動インストール機能」と分かりやすいインターフェイスを装備し、初心者でも簡単に操作できる。今バージョンでは、迷惑メール対策として、受信に問題のないアドレス・ドメイン・差出人名を登録できる「許可リスト登録機能」、受信したくないアドレス・ドメイン・差出人名を登録できる「ブロックリスト登録機能」、診断レベルとユーザーが蓄積したデータをもとに、自動的に迷惑メールを判断する「迷惑メール診断機能」、受信したメール数を迷惑メールと通常メールごとに分けて表示する「受信メールステータス機能」などを新規搭載。メーラープラグイン機能で、Outlook、Outlook Expressで操作できる、迷惑メール対策機能ツールバーを追加可能。ハンディ・ガイド冊子付き。
インストール後、そのままの設定で自動的にウイルスを検知し、駆除、隔離までしてくれる「自動ウイルス駆除機能」を搭載。パソコンをインターネットに繋ぐだけで、自動的にウイルスを定義ファイル(DATファイル)を更新。インストール時に難しい操作をせずに、クリック不要でインストールすることができる、世界初の機能です。


■ポップアップ(POP UP)とは、
 Webページがスクリプトを使って新しいブラウザウィンドウを自動的に開き、別の内容を表示させること。
  代表的な広告表示の手法だが、サイトマップやメニューを別ウィンドウで提供する、訪問者をランダムに抽出してアンケートを依頼する、などの使用法もある。
  ポップアップはユーザの注意を引く効果が大きい反面、ポップアップを強調しすぎるとユーザにWebサイト自体に対する不快感を持たせてしまう。
  ポップアップはスクリプトの機能のひとつに過ぎないため、使いようによってさまざまなポップアップの形態が発生する。
  例えば、ポップアップウィンドウが閉じられるたびに新しいポップアップウィンドウを開くという動作も可能で、多くのアダルトサイトがこの手法を用いている。
  また、無限に新しいウィンドウをポップアップさせることも可能で、OSのハングアップなども誘発する、悪質なスクリプトとして知られている。
  ポップアップはJavaScriptなどのスクリプト言語を使用して実装されているため、Webブラウザのスクリプト実行機能をオフにすれば、ほとんどのポップアップは防止できる。
  ちなみに、最近はポップアップ広告がユーザに悪印象を与えることを踏まえて、開いているブラウザウィンドウの裏側に新しいウィンドウを開く、いわゆる「ポップアンダー広告」が普及の兆しを見せている。



■ポップアップ遮断機能について
Webサイトを閲覧中に自動的に新しいブラウザウィンドウが起動する「ポップアップ」を無効にする機能。
  Webブラウザはスクリプト実行機能を持っており、Webページをロードしたときや他のページへの移動するとき、ウィンドウを閉じるときなどに新しいウィンドウを起動して指定したページを表示するようプログラムすることができる。
  最近ではこれを広告の表示に利用する事業者が増え、ブラウザの動作が遅くなったり、操作性が悪化したり、コンピュータが不安定になってしまうといった弊害が目立つようになった。ウィンドウを何度閉じても無限に新しい画面が起動するようプログラムした悪質な事例もある。
  こうしたユーザの不快感を取り除くため、最近のWebブラウザには、ブラウザ自体の機能、またはツールバーなどの付加機能として、ポップアップ機能を無効にする機能が提供されており、ポップアップ広告のない快適なWeb閲覧ができるようになっている。



ページTOPへ