×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ポップアップ広告対策ブラウザを紹介します。

ウイルス対策ソフト・セキュリティ対策ソフト

スパイウェアを駆除しても、わずらわしいポップアップ広告は全て無くなるわけではありません。 セキュリティとは直接関係ないかもしれませんが、以下に無料でポップアップ広告の遮断ができるソフトウェアを紹介します。

 

ポップアップ広告対策ブラウザのご紹介

▼ポップアップ広告対策ブラウザについて
  スパイウェアを駆除しても、わずらわしいポップアップ広告は全て無くなるわけではありません。 セキュリティとは直接関係ないかもしれませんが、以下に無料でポップアップ広告の遮断ができるソフトウェアを紹介します。
【スポンサードリンク】


▼ポップアップ広告対策ブラウザの紹介(ウイルス対策・セキュリティ対策)

■ポップアップ広告対策ブラウザ

▽BugBrowzer
           → ポップアップ対策ブラウザはこちらから

IEベースのタブブラウザ。ひとつのウィンドウ内で複数のIEが動作します。登録することで特定のポップアップ広告等を自動で閉じることができます。

▽Opera
           → ポップアップ対策ブラウザはこちらから

クイック設定でポップアップ広告を遮断できます。
自動でポップアップ広告を判断するので、広告でないポップアップ形式でのページ表示が出来なくなる場合があります。

▽Mozilla
           → ポップアップ対策ブラウザはこちらから

設定でポップアップ広告を遮断できます。
自動でポップアップ広告を判断するので、広告でないポップアップ形式でのページ表示が出来なくなる場合があります。
オープンソースプロジェクト、Mozilla.orgの立ち上げから4年あまりを経て、Mozilla 1.0が完成しました。


■最近のポップアップ広告について
 ポップアップ広告とは、Webサーファーがオンラインサイトにアクセスしたときに、あるいはサイトから立ち去るときやサイト内をサーフィンしているときに自然に立ち上がるブラウザウィンドウ。商用Webサイトが登場したときからこの種の広告は存在していたが、これが本格的に流行するようになったのは、Webパブリッシャーがドットコム崩壊で資金難に陥ってからのことだ。Web広告に消極的なFortune 500社に「オンライン広告はTVコマーシャルと同じくらい消費者の懐深くに入り込むことができ、効果的だ」ということを納得させるために、USA Today、AOL、MSNBC、Amazon.com、Yahoo!などのサイトは、Webサーファーの注意を引こうとポップアップ広告を採用し始めた。またポップアップ広告の浸透により、X-10の監視カメラのような無名の製品が悪名を得るようになった。
この不安定な状態に、比較的拘束のない無料コンテンツに慣れたWebサーファーは不快感を覚え、その多くは単に文句を言い立てるだけでなく、押しつけがましい広告を遮断するソフトにまで目を向けている。
  しかし、ユーザー離れが起きるかもしれないと気付いた一部Webサイトは、ポップアップ広告やその他リッチメディア広告を排除あるいは制限しているが、圧倒的多数のサイトはこの種の広告の採用を続けるだろうと、メディア企業の幹部は語る。こうしたサイトは、ポップアップ広告は、ほかの人目を引く大きな広告と同様に定着していると主張している。だが、今後はもっと洗練された手法がトレンドになるかもしれない。

ウイルスチェイサー インテリジェント ウェイブ おすすめ対策ソフト
▼不測の事態発生に対して「ウィルス保険」が付属したアンチウイルスソフト。検索エンジン「Dr.Web」を採用しているほか、デバイスドライバレベルでウイルスを検索/治療するためインターネットを通じて侵入するウイルスを遮断するシステム監視、ウイルスパターンだけをアップデートする方式を採用した完全自動アップデート、ウイルスパターン用データベースをアップデートする必要がない知能的ウイルスパターン認識などの機能を搭載。さらに、東京海上火災保険株式会社の「ウイルス保険」が付属され、ウイルスに感染してしまった場合でも、専門業者によるウイルス駆除作業サービスをうけることができる(一部地域・離島は対象外)。E-Mail/文書/HTMLに加え、ZIP/LZH/ARJ/RAR/CABなどの基本圧縮ファイル、PACKAGEファイルのような実行圧縮ファイルのサポートにも対応。
  世界でもっとも権威のあるVirus Bulletinの定期テストで1位を獲得しているウイルス検索エンジンを採用しており、ヨーロッパ各国で販売・導入されている、実績・信頼性が保証されているソフトウェアです。その上、東京海上火災保険株式会社の「ウイルス保険」が付帯しており、ユーザーの立場で考えられた製品です。

V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ  インターチャネル
おすすめ対策ソフト
▼ウィルスチェック&駆除、パーソナルファイアウォールなどを装備し、コンピュータウィルスや不正侵入対策に必要な機能を完備したインターネット時代のセキュリティソフト。Windows起動時から動作を自動的に監視し、メールの送受信前にはウィルスが混入していないかチェック。常時接続しているパソコンへの不正アクセスを監視し防御してくれる。
  もちろん、インターネットを介しての自動アップデート機能も用意されているので、最新型ウィルスが発生した場合でも、定義ファイル「V3エンジン」も自動的に更新される。インストールに必要なメモリは32MB、ハードディスク空き容量30MBとコンパクトサイズで、監視のため常時起動していてもほかのアプリケーションのじゃまにならない。メモリやハードディスク容量の小さいノートパソコンや旧型のパソコン・OSでもストレスなく使用できるのもうれしい。
  メールはもちろん、電話やFAXでも問い合わせ可能なカスタマーサービスセンターでは、カスタマー登録完了日から1年間の無料サポートつきなので、パソコンの操作やキーボードに慣れていない初心者でも安心して使用できる。
軽快な動作でノートパソコンにも適したウイルス対策ソフト。「ウイルス対策機能」、「パーソナルファイアウォール」、「メールチェック機能」、「自動アップデート」機能など、ウイルス・不正侵入対策に必須の機能を搭載。Windowsの起動時点からPC内を自動監視し、メール送受信前にはウイルスが添付されていないかチェックするほか、V3エンジン(定義ファイル)の自動アップデート機能で、最新型ウイルスにも素早く対応。また、Microsoft Windows95/NT4.0 Workstationのような旧OSにも対応し(NEC PC-9800・9821シリーズには非対応)、イギリスのウェストコーストラップ(West Coast Labs)が付与する国際認証「チェックマーク」認証済みの高検出率を実現。今バージョンより、パーソナルファイアウォール機能を標準搭載し、イメージキャラクターに「ウォーニングマン」を起用。1年間の無料サポート付き(2年目以降は年会費2100円/年・税込)。



ページTOPへ